Publication
Cover of publication

【視点112号】
日本型インダストリー 4.0+
お客様起点の付加価値創出への道筋

Portrait of 長島 聡
Senior Advisor
東京オフィス, 東アジア
2016年3月9日

欧州のインダストリー4.0、米国のインダストリアル・インターネットといった動きに対し、日本企業が生き残る道は、現場力を活かしたお客様起点の付加価値創出である。本稿では、それを実現するための考え方、具体的な方法を論じる。

1)お客様との接点をデザインする

製品とサービスの組み合わせでロイヤルティを上げる

2)生産性を高めて原価を下げる

製品もサービスも巧みなモジュールの組み合わせで生み出す

3)タイミングを合わせて潤いを演出する

製品・サービスの中身に加えて、ぴったりのタイミングも活かす

blue background
Think:Act

【視点112号】
日本型インダストリー4.0+α
~お客様起点の付加価値創出への道筋~

{[downloads[language].preview]}

The only truly feasible road to survival on the marketplace for Japanese companies lies in customer-based value creation.

Published 3月 2016. Available in