Publication
Cover image

【視点180号】来たるべきマイクロモビリティ社会の未来

2021年5月17日

本稿では、グローバル成長の続くマイクロモビリティ市場を取り上げ、先行するユースケースにみる目指すべき社会モデルについて考察する。

1)2025年、シェアリング電動キックボードは50~150億米ドル市場に

2)マイクロモビリティが飛び越えるべきは、「社会性」と「収益性」の溝

3)マイクロモビリティはサステナブルなスマートシティ実現の橋頭保

blue background
Think:Act

【視点180号】来たるべきマイクロモビリティ社会の未来

{[downloads[language].preview]}

Published 5月 2021. Available in