Publication
Cover of publication

【視点95号】
不確実な将来に打ち勝つ戦略マネジメント

Portrait of 長島 聡
Senior Advisor
東京オフィス, 東アジア
2014年4月30日

顧客ニーズの多様化による製品の性能向上や機能追加、新興国をはじめとした販売地域の拡大による現地適合ニーズなど、製品に纏わる変数は多岐にわたり、開発における不確実性は増加している。

企業の開発リソースが限られる中、事業の確度を上げるためには、将来の多様なニーズを見極める「先読み」、市場のニーズを自社戦略へ誘導する「引き寄せ」、多様なニーズに短期間で対応する「構え」をバランスよく持つことが重要になる。

実際に、グローバル企業の中には、「先読み」、「引き寄せ」、「構え」を効果的に活用し、市場における独自のポジションを獲得している企業が多数存在する。

  • 本稿では、前述の企業事例の紹介を通じ、日系企業が不確実性をマネジメントしグローバルプレーヤーへ脱皮するための要諦について論じる。

blue background
Think:Act

【視点95号】
不確実な将来に打ち勝つ戦略マネジメント

{[downloads[language].preview]}

Examples of businesses that fit the essentials for Japanese companies in effectively managing uncertainty

Published 4月 2014. Available in